不動産売却の際の不動産会社のサポートについて

“親から相続した土地がある” “土地の管理が大変だ” “要らなくなった不動産がある” など、所有している不動産の処分について考えた時、依頼する不動産会社ではどんなことをしてくれるのでしょうか。ここでは一般的な不動産会社のサポートと売却の流れについてご説明します。

所有する不動産はいったいいくらなの?

不動産売却となるとやはり気になるのは販売価格のことだと思います。まずは自分で相場を調べてみましょう。
ネットの不動産サイトで周辺の物件を検索したり、査定シミュレーションを利用したりするのが相場価格を知る手軽な方法です。大まかに相場価格を把握したところで、実際に不動産会社に査定を依頼してみましょう。不動産会社の査定は無料で行ってくれます。
営業担当者は日々動いている物件の情報に敏感で、経験と成約実績といった生の情報を豊富に持っています。不動産の広さ、大きさ、立地条件、統計や公的資料等ではじきだされる相場情報などに加え、どんな不動産に需要があるのか、最近の販売事例はどんなものがあったのかなどを加味して、売出し価格の参考となる査定をしてくれます。査定を依頼すると「査定された価格=売れる価格」と勘違いされる売主様が多いのですが、売り出す価格は売主様が決めることですから適正な査定価格を知ることは買主様に対する意味においても非常に大切です。また、弊社にご依頼された場合には買取りを前提にした物件査定も同時に行いますので、そのまま購入ということもよくあります。

媒介契約をしないと何も始まりません !!

売却することを決めたら不動産会社と媒介契約を締結し、不動産の販売を依頼します。口頭で「売ってください」という依頼では受付けてくれません。不動産業界では書類を重要視しますので多くの書類にサインをする必要があります。口頭での約束はトラブルの原因になりやすいので、何をするにも必ず該当する書類を用意してもらって承諾した旨のサインをして書類を残すようにしましょう。
自分の予備知識や査定価格を踏まえて、依頼する不動産会社の担当者と納得のいく「売出し価格」と媒介の方法を決めたら媒介契約書に署名・押印して、さぁいよいよ販売です。
この契約に基づいて不動産会社は売主様の不動産売却のために様々な販売活動や広告をすることになります。広告の方法はネットやポスティングチラシ、折り込みや集合広告などそれぞれの不動産会社によって違いますが、どちらにしても早期売却に向けてサポートをしてくれます。広告料は特別な広告の依頼をしない限り仲介手数料に含まれていますので、別途費用の請求はありません。

契約の締結から引渡しまで徹底フォロー

こうして、はれて買主様が見つかり、相互の条件が合致したら売買契約の締結です。宅地建物取引士の資格者や営業担当者が、売却する不動産の情報を正確にまとめた「重要事項説明書」を作成し内容確認を行います。説明書に記載された事項に間違いや相違があった場合には正すようにしてください。
宅建取引士は契約前に買主に対して重要事項を説明し、内容や価格の理解を得られたら契約へと進みます。売買契約書に署名・捺印をしたら、それで「契約成立」となりますので契約後のトラブルにならないためにも、売主買主ともに契約が成立する前にうやむやなことは全て無くしておきましょう。
このあと、各種手続きや残金、仲介手数料の支払いなどを経て引渡しという流れになります。売主様が用意するもの、各種手続きをするための書類、書類で確認するポイントなどわからないことは不動産会社に相談して納得した上で売却するようにしましょう。

朝日I&Rグループでは不動産の「仲介」と「買取り」の両部門でお客様に安心な不動産のお取引を提供しています。全力で不動産売却についてサポートをさせていただきますので、是非お気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。0954-22-2021受付時間 9:00-18:00
定休日:毎週日曜日

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。